マンションと地震

2020年01月28日

パラッシオ

皆さんこんにちは!

最近はめっきり寒くなってきましたが、風邪などひいてないでしょうか?

インフルエンザも流行傾向にあるみたいなので、お気を付け下さい。

 

 

さて今回は「マンション」と「地震」について少しお話しようかと思っておりました。

地震大国と言われている日本ですから、自身は私たちの生活から、切っても切り離せない関係と言っても過言ではありません。

 

前回も少しふれましたが、わが国日本では、宮城県沖地震(1978年)をきっかけに、地震に対する安全性の考え方が大きく見直されました。

この時に見直された「建築基準法の耐震基準」が「新耐震基準(昭和56年6月1日改正)」で、今現在も使われています。

 

 

「新耐震基準」とは、

わかりやすく考えますと、「地震により建物が倒れない」事だけではなく、「建物の中にいる人の安全を確保する」事を重視していると言われています。

この考えに基づいて、「新耐震基準」では、建物を設計する際に、「大地震」と「中地震」の2つの地震レベルについて検討する事が義務付けられています。

 

ちなみに・・・

「大地震」とは震度6~7程度の地震でも倒壊や崩壊がしないレベル

例えるとするならば、東日本大震災の際の、宮城県太平洋側周辺での揺れ程度と言われています。
数百年に一度程度、発生する地震をイメージしています。

そして、倒壊や崩壊がしないレベルとは、建物が部分的に損傷しても、中にいる人の命が損なわれるような壊れ方をしない事と言われています。

 

「中地震」とは震度5強程度の地震でも損傷を生じないレベル

東日本大震災の際の、関東地方周辺の揺れ程度と言われています。

数十年に一度、発生する地震をイメージしています。

そして、損傷を生じない程度とは、大規模な工事を伴う修復は必要のない程度という事なので、軽いひびが入る程度の損傷は仕方ないと言う考え方です。

 

 

マンションの耐震構造は、皆さんも聞いた事があると思いますが、「免震構造」「制震構造」「耐震構造」があります。

 

「免震構造」とは・・・

建物と基礎の間に免震装置を組み込んで、建物を直接地面に触れさせず、間に免震装置を設けることで、地震のエネルギーを直接建物に伝わらなくする工法です。

地震が発生しても、揺れるのは免震装置と繋がっている建物になる為、通常の住宅よりも地震の揺れが伝わりにくく、なおかつ建物にかかる負担を少なくしてくれます。

 

「制震構造」とは・・・

建物内部の構造に、振動軽減装置を組み込む事で、地震の揺れを吸収し、建物全体にかかる地震のエネルギーを抑える工法です。

耐震とは違い、地震のエネルギーを軽減する事で、建物全体にかかる負担を少なくする働きがあります。

特に建物というのは、高層階に行くほど揺れが激しくなるので、高層マンションや高層ビルなどは制震構造になっている事が多いです。

 

「耐震構造」とは・・・

壁や柱に地震に強い素材を使ったり、補強材を入れたりする事で、建物全体の強度を上げる工法の事です。

建物を強固にする事によって、大地震が起きても建物が倒壊しにくくなり、地震の際にマンション内に住人がいたとしても、避難できるように作られています。

 

 

 

「免震」・「制震」・「耐震」では、地震へのアプローチが異なっており、一概にどれが優れているかは比較できません。

現在、国内で最も普及している耐震工法で、現在でも多くのマンションで採用されています。

 

免震や制震構造の場合は、建てる際のコストもかかるため、タワーマンションなどの高層マンションに限られています。

しかし、東日本大震災などの大災害でも地震による建物被害は少なく、多くは津波による被害だと言われているので、耐震構造でも大地震に耐えきれると言われています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

皆さんがマイホーム探しをする際に、少しでも参考にして頂けたら嬉しいです。

その他にも気になる事などございましたら、どんな些細な事でも構いませんので、ご連絡頂ければ幸いです。

お問い合わせはコチラをクリック!