ハザードマップ

2020年03月20日

NA柏木

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!


近頃は、陽が落ちるのも少し遅くなってきた気がしますね。

少しずつ春に向かって来ているのかなぁと感じます。

花粉症の方はだんだん鼻がムズムズしだしてきているのでは?



みなさんは自分がお住まいの地域のハザードマップをご覧になった事はありますか?

近年、日本では色々な災害が多く、気にされている方も多いと思います。

 

ちなみに「ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされているようです。
ご覧になるには、国土交通省が提供しているものや、みなさんがお住まいの市町村などが提供しているものもございます。

 


これから4月に向け、新生活を始める方もたくさんいらっしゃると思います。
お住まいになる場所を決める際、みなさんはどのように決めているでしょうか?

単純に「駅の近く」とか「スーパーなどの買い物施設がある」などの周辺環境が良いという理由を結構聞いたりします。
もちろん、そのような理由もあっていいと思いますし、毎日の通勤や通学、ご飯を食べるのは毎日の事なので、スーパーが近ければとても便利です。

人それぞれの理由があるのは当たり前の事です。
でも、みなさんに共通して言える事は、その街、その地域は安全なのかという事。

水害が多い地域や、それに伴う土砂崩れなど、災害は色々あります。

もちろん地震や洪水など、命にかかわる災害も少なくないわけです。

 

 

みなさんがお引越しを決める際、漠然と住みたいエリアは決まっていると思います。
その中で、住みたいエリアはどのような地域なのか。どのようなリスクがあるのかなど「ハザードマップ」で前もって確認してみてはいかがでしょうか?

もちろん今お住まいの地域の事を調べてみても、今まで知らなかった事などもわかると思います。

 

とは言っても、簡単にお引越しなんかできるものではありませんので、何か起こった場合に備え、避難場所や避難経路の確認など、事前に確認しておく事も大切な準備ですので、「ハザードマップ」をご覧になられた事がない方は、一度見てみるのもいいかと思います。もちろんご覧になった事がある方も、今一度再確認してみてはいかがでしょう。
「ハザードマップ」の内容は更新される事もございますので、定期的に確認しておく事をお勧め致します。

 

 

 

大切なお家も、家族同様しっかり守っていきたいですね!!